【新型ハリアー最新情報】価格・値段/内装/燃費/カラー/サイズ/カタログはいつ?などまとめ

引用:https://toyota.jp/

2020年フルモデルチェンジが決定している新型ハリアー。

都会的でスタイリッシュ。車種専用のエンブレムマークを持つトヨタ車の中でも特別な存在感を放つ車種でもあります。

メーカーから、4月13日に公式の内外装画像も公開され早くも車ファンやSNSで話題に。

この記事では、内装外装や、燃費、ボディカラー、ボディサイズ、7人乗りがあるのか、いつから注文できるのかなどの最新情報をまとめましたので、ぜひご覧ください。

新型ハリアー内装と外装を見てみる


引用:https://toyota.jp/
新型は長くワイド、そして低くなり、より流麗でスタイリッシュなクーペスタイルに。

引用:https://toyota.jp/
3代目ハリアーの衝撃から7年。年月を感じさせないカッコいいデザインでモデルチェンジが名残惜しいです。

新型ハリアーは現行型よりも車体が長く低くなったことで、よりシャープでスタイリッシュな印象に。レクサスや輸入車のような雰囲気に近づいたような印象を受けました。

同じミドルサイズSUVで先に登場したRAV4との棲み分けを図るためか、思い切ったクーペデザインでさらに高級感や都会派の方向に振り切った感があります。

現行が大人気車種でカッコいいデザインでしたので、今回のフルモデルチェンジでは改悪の心配もしてましたが、ハリアーらしさを残しつつ、めちゃくちゃカッコよくなったのではないでしょうか。

引用:https://toyota.jp/

エンブレムがこれまで採用されてきたハリアー専用エンブレムからトヨタマークへ。今までのハリアーファン目線では少し寂しい変更かもしれませんね。

ヘッドライト内部のデザインは新型ヤリスに採用されているデザインに似ていますね。ヘッドライトのデザインはグレードによって異なります。

レクサスUXやポルシェ マカンのように中央のトヨタマークから左右のリアコンビネーションランプをLEDテールランプで繋げた先進的で洗練されたワイド感のあるデザインになっています。

『低く広く』が表現されたデザインでしょうか。

引用:https://toyota.jp/

高級感のある大人のセンスがちりばめられた空間になっています。

個人的にも非常に高級感があって好きなのですが、ステアリングがチープに感じることが引っかかりました。(汗)

内装色は、ファブリックシートのグレードにはブラック、ブラウン、グレーの3種類。
本革シートのグレードにはブラック、ブラウンの2種類が用意されているようです。

新型ハリアーはいつ発表日?

新型ハリアーの記者発表日は2020617日の予定

しかし新型コロナウイルスの影響で、延期になるのではという心配の声も上がっています。

先行受注の開始日はまだ決まっていませんが、原稿のオーダーが打ち止めになってから1~2週間程度で新型の先行受注が始まると予想しています。

すでに現行型の注文がストップになっているディーラーも多いのでスケジュールを考慮すると4月中にオーダー可能になるかもしれません。

先行受注時はカタログもない状態での注文になります。モデリスタ等々のカスタマイズをする方はカタログがディーラーに届く6月17日まで待った方が無難ですね。

先行予約の開始日がわかり次第追記していきます‼

新型ハリアーのカタログはもらえるの??

現時点で新型ハリアーの正式なカタログはまだありません。

正式なカタログは新型ハリアーの発表日である6月17日に各ディーラーに届きますので、その日にトヨタディーラーに訪問すればもらえるはずです。

ちなみに、発表前のプレカタログがディーラーに配布されているので、欲しい方はトヨタディーラーに行ってみてはいかがですか??

実際に貰っている方もたくさんいますよ。

トヨタディーラーでは2020年4月4日から全車種販売を開始しているので、以前のように販売チャネルを気にせずとも近くのトヨタディーラーに行けばOKですので気になる方はぜひ行ってみてください。

新型ハリアーの燃費

新型ハリアーの燃費は現在まだ公開されていない状況ですが開発の目標値が以下の通りです。

ハイブリッド2WD 19.0km/L

ハイブリッドE-Four(4WD) 18.6km/L

ガソリン車2WD 15.0km/L

ガソリン車4WD 14.4km/L

上記が新型ハリアーの燃費の開発目標値です。WLTCモードといい、実燃費に近い燃費測定方法が採用されています。

あくまでも開発目標値なので発表時には変わっている可能性もありますが、おおよそこれくらいの数値になっていると思われます。

同じパワートレインを持つRAV4のカタログ燃費値と比較すると、ガソリン車は2WD,4WDは0.8km/L。ハイブリッド車は1.6~1.8㎞/L程度、RAV4の方が良い数値。

装備が充実している分、車重が重いのだと思います。

しかしながら、間違いなく1500kgを超えてくる車重のクルマですから、この燃費値は十分ではないでしょうか。

新型ハリアーに7人乗りはない‼

新型ハリアーにかねてより期待されていた7人乗りですが、【全グレード共通で2列シート、5人乗り】となっています。

残念ながら7人乗りの設定はありません。

マイナーチェンジや特別仕様車の投入時に3列シートの追加に期待です!

新型ハリアー価格・値段を予想

新型ハリアーの価格を新型ハリアーのグレード

新型ハリアーのグレード体系は上から『Zレザーパッケージ』『Z』『Gレザーパッケージ』『G』『S』の全5種類。

各グレードにハイブリッドとガソリン車の設定があり、どちらも2WDと4WDの選択が可能となっています。

スペック、装備などを考慮して徹底予想。

●ガソリン車2.0NA FF

315~440万円

●ガソリン車2.0NA 4WD

335~460万円

●ハイブリッド2.5L FF

385~490万円

●ハイブリッド2.5L FF

410~515万円

新型ハリアーのスペックや詳細

新型ハリアーのスペックや詳細を現在分かっている範囲で見ていきましょう。

GA‐Kプラットフォームを採用

新型ハリアーに採用されたのはGA-Kと言われるプラットフォーム。

TNGA(Toyota New Global Architecture)というトヨタの「もっと良いクルマづくり」を実現するための新しいプラットフォームが採用されます。

トヨタ車ではカムリ、RAV4ですでに採用されており、評判は抜群。

新型ハリアーでは、超高張力鋼やアルミ材などを積極的に採用し、軽量化高剛性化が図られました。ボディ剛性はなんと現行型から1.78倍向上。

今まで『走り』に対してはあまりよい評判のなかったハリアーですが、大幅に乗り心地や走行性能、安定性などが向上することは間違いないと思います!

新型ハリアーのパワートレイン

新型ハリアーのパワートレインは

2.5Lハイブリッド
2.0L NA

以上の2種類となっていて、現行型には用意されている2.0Lターボがなくなっています。

どちらもRAV4と共通のものとなっています。

2.5Lハイブリッド

カムリやRAV4と共通のパワートレイン。ハイブリッドというとエコカーのイメージが強いかもしれませんが、新型ハリアーにも採用されているTHSⅡのハイブリッドシステムは燃費はもちろんですが、力強く鋭い加速が魅力的。

また、新型ハリアーにはリチウムイオンバッテリーが新しく採用されています。従来のバッテリーよりも小型軽量化できたことで後席座席下に配置され、ラゲッジスペースがガソリン車と同じスペースが確保。さらに低重心化されています。

2.0L NA

RAV4で採用されたダイナミックフォースエンジンが採用。これにダイレクトシフトCVTという発進用の1速ギアが用意されたCVTが組み合わさせられます。

これによりCVTの欠点である、発進時に回転数ばかりあがり、速度が出ていないラバーバンドフィールが改善されます。さらに、10速シーケンシャルシフトマチックも採用されスポーツ走行も楽しめる仕様になるようです。

新型ハリアーのボディサイズ

新型ハリアーのボディサイズは、全長4,740mm×全幅1,855mm×全高1,660mm。

現行比で全長+15mm、全幅+20mm、全高−30mmです。

長さも幅も少し大きくなりましたが、高さが30㎜引き下げられたことで、よりスタイリッシュなイメージに。

【全幅1,850mm】がマンションなどの駐車場では最大サイズとなるところが多いので、1,855mmの全幅が購入の大きなネックになる方も多いのでは?

ホイールベースは現行の2,660mmから2,690mmと30mm伸びたことで走行安定性の向上が期待されます。

新型ハリアーのボディカラー

新型ハリアーのボディカラーには以下の全7色が展開されるようです。

ホワイトパールクリスタルシャイン
スレートグレーメタリック(新開発色)
ブラック
プレシャスブラックパール(新設定色)
センシュアルレッドマイカ(新設定色)
スティールブロンドメタリック(新設定色)
ダークブルーマイカ(新設定色)

ホワイトパールクリスタルシャイン、ブラックのみ現行から引き継がれ、他の色はすべて新設定。スレートグレーメタリックに関しては新型ハリアーのために開発された完全新色です。

内装色は、ファブリックシートのグレードにはブラック、ブラウン、グレーの3種類。本革シートのグレードにはブラック、ブラウンの2種類が用意されているようです。

新型ハリアーを購入を検討している方へ

ハリアーは現行型でも人気車ゆえ値引が渋い車種でしたので、新型は相当値引きが渋いことが予想されます。

なので新型ハリアーの購入を検討している場合は、今乗っているクルマの査定額が非常に大事になってきます。

新車の見積りを作ってもらう前に、今のクルマがだいたいどれくらいで売れるのかを把握しておくことがおすすめ。

新型ハリアーの購入時にできるだけ金額を抑えたい場合は、ディーラー下取ではなく買取専門店がおすすめです。

聞いたことがある方がほとんどだと思いますが、買取専門店ではディーラー下取よりもかなり高額で売却が可能です。筆者のクルマはディーラー下取と買取専門店で40万円ほど差が出ました。

基本的にどこでも査定は無料なのでできるだけ高く売りたい方はまずは査定だけしてみてはいかかがでしょうか?

元ディーラー営業マンの筆者がおすすめの無料買取専門店をいくつか紹介するので、気になる方は使ってみてください。

ユーカーパック

1分程度でできる入力だけで今のクルマの買取相場が表示されます。
実際に売却したい場合には、1度だけの査定で最大5000社のオークションを受けることができ、高額売却が期待できます。

カーセンサー

安心の超大手。
買取価格が非常に高いので筆者も何度か利用しています。

カーネクスト
今のクルマが古い方向け。
古い車の専門店で、他社で値段がつかないクルマでもかなりの高額買取してくれます。

どれも無料ですので、新型ハリアーの購入を少しでも検討している方は試してみてはいかがでしょうか。

あきらめかけている方も、びっくりするような値段が出て新型ハリアーに手が届くかもしれませんよ‼

まとめ

●新型ハリアーは6月17日記者発表。

●長さと幅が大きく、高さは低くなることでスポーティーで都会的なクーペスタイルのSUVに。

●TNGAプラットフォームによる走行性能、乗り心地の大幅な向上

●5人乗りのみ。7人乗りはなし。

●検討している方は今のクルマの相場を把握、できるだけ高く売ろう。